木の上に登っているハクビシン

写真ギャラリー

オススメリンク

建材をダメにされる

鉄格子

家にハクビシンが住み着いてしまった場合、家の建材も深刻なダメージを受けてしまいます。巣をつくるために、壁や屋根裏にある断熱材を食いちぎられてしまうこともあるため、住み着いている形跡を発見したら駆除業者に依頼しましょう。

Read more

捕獲の仕方

柵

駆除業者は、ハクビシンを捕獲するためにさまざまな道具を使用します。ハクビシンが出入りする通路に捕獲器を設置するほか、ハクビシンの嫌う臭いを発する忌避剤を使用し、家から追い出してしまうことも可能なのです。

Read more

再侵入への対策

木造家屋

ハクビシンを駆除した後も、駆除業者は再侵入を防ぐために、対策工事を行います。侵入経路を厳重に封鎖したあと、ハクビシンも登れない大きなフェンスを家の周囲に張り巡らせることで、再侵入を効果的に防ぐのです。

Read more

繁殖する外来種

木造の庭

人の住む街中では、野生の動物はめったに現れないものです。
都市に住む野良猫やドブネズミ、カラスなどは都会にも馴染んでいるため、多くの土地で目にすることが出来ます。
しかし、近年ではこれらの動物以外にも、都市に住み着き多くの人へ害を与える動物が現れ始めたのです。
害獣として挙げられる生き物の中には、ハクビシンと呼ばれる動物がいます。
あまり耳慣れない名前の生き物だと感じる人もいるでしょうが、このハクビシンは国内本州や四国の四県と広い範囲で生息しており、徐々に生息域を広げているとして、警戒されている生き物なのです。
ハクビシンは、元々は東南アジアに住む生き物であり、日本固有の生き物ではない、外来種でした。
古くは毛皮などを取るために利用される事もある動物でしたが、現在では飼育されることもなく、日本の各地に出没する害獣として問題となっているのです。
このハクビシンは、民家の屋根裏などに入り込み、勝手に巣を作ってしまうことがあります。
巣の周囲には、ハクビシンが発した糞尿によって、強烈な悪臭が立ち込めてしまうため、住み着かれた家の住人は、臭いによる被害を受けます。
さらに、エサを求めて階下まで降り、生ごみを漁ることや保存食を食べる事もあるので、ゴミの散乱のほか食べ物への汚染も懸念されるのです。

こうしたハクビシンは、勝手に住み着かれたからといって、自分で駆除を行なうことはできません。
鳥獣保護法によって、自治体の許可なく捕獲することは禁じられているのです。
そのため、こうした害獣の駆除は、専門の業者に依頼する方が賢明といえるでしょう。
業者は、捕獲のライセンスを取得しているほか、ハクビシンなどの害獣駆除における技術と知識を備えています。
依頼することで、迅速に厄介なハクビシンを駆除してくれるため、頼ることができるのです。