建材をダメにされる

鉄格子

四季があり、豊かな自然が各地に多くの残る日本ではその景観や豊かな生態系を楽しむことができます。しかし一方でそれらの内の一部の動物は害獣としても認識されており、人の住む圏内にやってきて様々な被害を及ぼすことでも知られています。ハクビシンもその被害を及ぼす害獣の1つとして有名で、近年は地方だけでなく都市部でも多く現れており、ハクビシン駆除専門サービスもあるほどです。ジャコウネコ科の動物でタヌキに見た目は似ているのですが、タヌキは高所に登れないのに対して、ハクビシンは容易に登ることができるため、家屋内にも簡単に侵入してきます。このため被害が多く発生しており、駆除業者の多くが対応している害獣です。駆除は暗視カメラを用いての生態の把握から始まり、通り道にゲージを設置して捕獲する方法が一般的となっています。

田舎だけではなく、その生態から都市部にも多く現れて被害を及ぼしているハクビシンは様々な被害を及ぼしています。そのため家屋侵入によって被害に遭った人は駆除をすることを考えるケースが多いですが、その際には工夫できることもあります。工夫できるポイントの1つに捕獲、あるいは追い出す場合のいずれの方法であってもまず侵入口を突き止めてそこを遮断することです。侵入口さえなくなれば家屋への侵入はなくなるので、これ以上の被害は生じません。捕獲した後に侵入口を塞がない人もいますが、これをやらないと別のハクビシンが侵入することもあるので注意が必要です。また別の工夫として、駆除専門サービスを呼ぶ方法もあります。自力で対処するのが大変な場合は、専門家に任せるのも時間や手間を考えると良い手段です。