再侵入への対策

木造家屋

大型害獣の一種であるハクビシンはその被害も深刻で、夜走り回る騒音問題や糞尿による異臭被害や建材への被害、糞尿から湧いた虫による被害など様々なものがあります。悩ましい被害をもたらすハクビシンはずる賢くて、罠を避けたりもするため駆除に失敗をして悩む人も多くいます。しかし駆除専門サービスを利用することで、確実に駆除をすることができます。専門サービスを扱っている業者のスタッフはいずれも専門家として活動をしており、その生態についても熟知しています。このため適切な場所にカメラを設置しての生態把握に始まり、効果的な罠の設置ができます。このため依頼によって確実に追い出す、もしくは捕獲をしてもらえます。また二次被害を防ぐため、糞尿による汚れの処理や殺菌消毒も行ってくれるため、異臭も収まります。このため駆除専門サービスによって再び快適な生活を取り戻すことができます。

日本に生息している唯一のジャコウネコ科の哺乳動物がハクビシンです。その名称は白鼻芯とも書くことからも分かるように、額から鼻先にかけて目立つ白線があるのが大きな特徴でタヌキにも外見は似ています。国内の固有の在来種なのか、外来種なのかは説が別れており、外来種の説の場合は江戸時代に毛皮を目的に輸入されたハクビシンがそのまま野生化したとの説が強くなっています。日本での最も最初の確実な生息報告は1945年ですが、人の生活圏における生活被害が増えているのはここ近年になります。これは宅地開発で人とハクビシンとの生活圏が重なるようになった事が多いためとも言われています。果樹園の食害や家屋侵入による騒音、異臭などの問題が深刻化しつつあり、今は駆除専門サービスを提供する会社も見られます。